思い通りに婚活が上手くいってない人へのアドバイス

婚活をしても、自分が好きだと思える相手に出会えないと、嘆く人がいます。
それぞれ理想的な結婚相手像がいて、同じタイプまたはそれに近い相手を探そうとなります。20代での婚活は自分自身も年齢的に若く、顔やスタイルや性格、男性だと家事能力や女性だと経済的なことを踏まえています。

ただ30代、40代と年齢が増えていくごとに理想から妥協できる点を取って、どうしても譲れない点のみ残して相手を探します。理想から段々と離れていきますが、譲れない点だけ残していけば相手も探すこともできますし、ゴールインすることも夢ではないです。しかし20代の理想の結婚相手像のまま30代後半、40代まで探しても難しいです。

年齢によるスタイルや肌への劣化もありますが、人生設計がしっかりしているほど相手の年齢差や子供できた場合の年齢バランスというのも気にしますので、性格によって30歳過ぎてきますと婚活するのにも焦りも出てきます。

婚活している本人も努力してスタイルや見た目の維持、経済能力が高いこと、親との同居に関して妥協することなど結婚相談所への登録や婚活セミナーへの参加をするなど、行動することによって相手も見つける確率も高くなってきます。

努力しますとどの点が上手くいかなかったなど原因も分かってきますので、自分の良し悪しを知っておくことによって次のステップにも進めることもできますし、結婚相談所やセミナーのスタッフも実績を上げられることから、努力しているほど協力しようと思ってしまいます。

ただ努力もすることがなく理想が高いまま年齢だけ上がって行きますと、婚活が上手くいかないと思っている本人も理想が高いかなということが薄々と気づいてきていることから、結婚相談所ではなく結婚している友達や後輩、親せきに頼ることによって婚活を進めるのです。

20代、30代までだと友達や親や親せきも協力的だが、本人が妥協しなければカップル成立することがなく、年齢が上がるごとにお手上げ状態となってきて、最後は誰も紹介してくれることもなくなってきます。男女関係なく年齢が上がるほど結婚相手としても見れなくなることから、相手への条件も妥協できる点は妥協したままの方が上手くいくのです。